本棚到着

結局のところ、先週の日記で書いた八王子の村内家具で購入が決まった。
上下分離タイプのスライド式で、上段は左右二つスライド、下段は左側がスライドで、右は奥まで固定タイプ。
取り敢えず部屋に設置はしたものの、下に揺らぎ防止のための新聞紙を噛ませてないので、本の詰め込み作業はまだ行っていない。
来週の日曜に友人が訪れて手伝ってくれる手はずになっているので、それまでは空のままで放置だ。
予定としては、扉の付いていない古い本棚に入っている文庫本200冊くらいを、上段全部を使って収容する。
収容限度は400冊くらいなので、当面はスペースに困ることはなさそう。
下段の方はスライド部分に新書、固定部分に辞書と大判の専門書や紀行物、写真集などを入れる。
で、空いた古い本棚にジャンプやマガジンなどのサイズのコミックスを入れる予定なのだが、空いた部分に詰められるのはせいぜい200冊程度。
入りきらなかった場合はどうするか(まず確実に入らないが)、現在思案中である。
まあ、それよりも問題なのは、そもそも今回整理する予定のないB6版のコミックス千数百冊なのだが……。

もう一つ買うしかないらしい。
[PR]
by clhaclha | 2006-07-02 23:39 | 日記・雑感
<< 風になる 本棚を求めて >>