<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第21回東京国際ミネラルフェア 二日目

入梅しているにもかかわらず、二日続けての晴天。
雨が降らないことは良いのだが、おかげで会場内がサウナに。

さて、二日目である。
昨日の教訓を生かして、本日は早めに家を出る。
会場に着いたのは午前10時過ぎ。
人混みは、昨日の到着時よりもちょっと少ないかな、といった程度。
場内の様子は昨日で概ね把握してあるので、昨日チェックしたブースを一通り回ってみる。
目を付けていた物は、残っている物もあれば、売れて無くなっている物もあったり……。
いずれにしてもそれらは、最終日に安く手に入れようと考えている物ばかりなので、今日のところは確認するだけで購入はせず。
そんなわけで、しばらく場内をぐるぐる。

昨日は気付かなかったのだが、SB-1のブースにバージェスと澄江の化石を発見する。
澄江の化石は24番ブースにもあるのだが、こちらの方が保存状態が良い。
20万円くらいのハルキゲニアの化石に、ついつい目を奪われる。
手元に現金があれば、多分買っていただろう一品。
澄江でもバージェスでもどちらでも良いのだが、カンブリア紀初期の化石は、いずれ手に入れたいと思っているものの一つだ。
あの怪しいシルエットには、なんだか無性に惹かれてしまう。

出品のチェックはこれにて終了し、次に昨日、人垣ができていて中に入れなかったA-6ブースに向かう。
ここは以前、ホランダイトとバナジナイトを購入した、鐚一文まけないことで有名なドイツ人の店である。
まあ、自信を持って価格設定してるんだろうからそれはそれで良いんだけど、やはりこういう場では交渉も醍醐味の一つだと思うわけですよ。
それはともかく。
展示品は相変わらずの良品揃い。
色々目移りする中で、ふっと目に止まった物がこれ。
f0096505_2183340.jpg

方解石、黄鉄鉱、蛍石がごちゃごちゃと共生した一品。
上に生えている白いのは最初、霰石かとも思ったのだが、店主が方解石と断言するのでそうなのだろう。
幅がおよそ8㎝のサイズで、値段は4000円。
当然値切り無し。

そして最後は二階へ。
特別展に入る前に、大型標本展示室にざっと目を通す。
目に付いたものは二つ、レインボーガーネットと逸見石。
前者が10万円弱で、後者が18万円。
う~む、高い……。
が、レインボーガーネットなら無理すれば買えないこともない程度。
来年辺り、ボーナス貯めて買おうかな……。

さて、今年の特別展は「始祖鳥のふる里 ゾルンホーフェン産の化石」である。
ゾルンホーフェンには石版石石灰岩と呼ばれる、堆積面に沿って剥離しやすい泥質石灰岩があって、ここから始祖鳥の化石が出ている。
今展で展示されているのは、ゾルンホーフェンに特徴的なエビや魚、イカなどの化石だ。
まあ、こういった化石は決して少なくはない量が市場に出回っているので、今更珍しくも何ともないのだが、今回の展示内容には少々意表を突かれる物があった。
入口入ってすぐの所を暗室にしてあるのだが、ここに化石を並べてブラックライトで紫外線を照射してあるのだ。
実はこの化石、蛍光鉱物に置換されているらしく、ブラックライトで薄青く光る。
なるほど、ネタを明かせば確かに納得できるのだが……。
う~む、こんな事、考えたこともなかった……。
これを使えば、例えばモロッコ産三葉虫も真贋見極められたりするのだろうか?
化石の全部が全部、蛍光鉱物に置換されているわけでもないのだろうけれど、全体の結構な割合で光ったりもするのだろうか?
蛍光するしないに拘らず、化石表面の鉱物の結晶から化石の真贋を見極める研究というのも面白そうだ。
今度、母校の恩師に進言してみようかな。

久々に、目から鱗の展示を見た。
[PR]
by clhaclha | 2008-06-08 03:16 |

第21回東京国際ミネラルフェア

今年も新宿ショーには初日から行ってきた。
どうも年々、初日の来場者数が増えてきているのだが、今年も例に漏れずごった返す人、人、人……。
この調子だと明日、明後日はどうなるものかと、ちょっと心配になってくる。
まあ、とあるショップの店員が「初日は多いけど、その反動で日曜は多少減っている」と言っていたので、その言葉が本当になることを祈りたい。
とはいえ、日曜は行く予定はないのだが……。

本日会場に着いたのは午前11時過ぎ。
チケットを買って中に入ると、既に通路の両脇に人垣ができている状態。
梅雨の中晴れということもあって、長袖を着ていったのは失敗だったと、初っ端から後悔させられる。
会場内は相変わらずのブース配置で、通路は人がすれ違うのも苦労するほどの狭さ。
加えて人の熱気で、一時間かけて場内を一周するとかなり疲労が蓄積してしまった。
ちなみに今日はカメラを持って行ってなかったので、会場の写真はありません。

まず、今回の出展を見て気がついたことは、新鉱物が結構な数、並んでいたこと。
昨年はなんだかマンネリ気味だなあと思っていたのだが、今年は見てるだけでも楽しめそうだ。
そして、ほとんど名物と言っても過言ではないインドの沸石屋(Zeolites Indio)が出展していなかったこと。
代わりにいつもの場所には、オーストラリアの石屋が入っていた。
でも一部、インドの沸石類が置いてあったので、都合により代理出展でもしているのだろうか?
あのブースは毎回楽しみにしているで、次回の復活を切に望むところだ。

さて、場内を見て回って目を付けたのは次の通り。
①母岩付きハーキマー水晶
②131・132番ブースにあるエジリン
③エビなどの甲殻類の化石
④59・59b番ブースの翠銅鉱ほか
⑤SB-4番ブースの沸石ほか
⑥SB-1番ブースの半額セール品
⑦118・119番ブースの藍鉄鉱

このうち⑥の半額セール品は、二回目に行ってみた時にはめぼしい物がほとんど無くなっていたので却下。
④と⑦は眺める分には良いが、買おうと思うと二の足三の足を踏んでしまうので、これまた却下。
ちなみに、④のブースには初めて見る鉱物もあって、随分と目を楽しませてもらった。
③は去年の最終日に叩き売りをしていたという情報があるので、最終日狙い。
⑤には沸石のほか、いかがわしい方解石(どう見ても方解石には見えない)があったが、買うとしてもネタ品になりそうなので、値切れるようになるまで待とうかと。

そんなわけで、初日に手に入れたいのは①と②。
①は何ヶ所かで扱っているので、まずは②のエジリンから唾を付けることに。
正面のガラスケースの中にはなかなか形の良い標本が飾られているのだが、裏の箱の中にも幾つか転がっているようなので、そちらの方も見せてもらう。
4000円くらいの標本で悪くない物もあったが、うちのケースに飾るにはサイズが少々足りないため、ガラスケース内の高価な方を買うことに。
目を引かれたのは40000円の大型標本だが、さすがにこれは高いので却下。
その側に並んでいる8000円、10000円、12000円の三つの標本を出してもらって、じっくりと眺め回す。
8000円と10000円の標本は針が突き出るような感じで、3~5㎝程度の結晶が並んだ物である。
対して12000円の物は格子のように組み合わさった結晶の中から、一本だけ長い結晶が突き出ている。
大きさは前二者が7~8㎝程度の幅。
後者は5㎝程度だが、突き出ている結晶の長さは8㎝くらいありそうだ。
三つの標本をさんざん眺め回した挙げ句、全体の汚れ具合と結晶の大きさから、12000円の標本を選ぶ。
f0096505_21231439.jpg

余談だが、千円札がなかったので支払いで一万五千円を出すと、五千円はいらないと言って返してくれた。
初日なので値切るつもりはなかったのだが、なんだか随分と得をした気分だ。


次。
①のハーキマー水晶は、UC-1番ブースの適正価格↑↑な物が最も質が良い。
ただ、今回はほかにも扱う業者が現れたせいか、或いは前回全く売れなかったからなのか、その辺は定かではないのだが、とにかく三割近く値段が下がっているようなので、今が買い時なのかなと思ってみたり。
三ヶ所で売っていたので、その間を何度か往復して見比べてみる。
UC-1番ブースの12000円の標本と、146番ブースの8000円の標本が、サイズ、見た目、透明度でなかなかの良品だ。
UC-1番ブースにはもっと良い標本もあるのだが、そちらは値段が適正価格↑↑なので断念。
結局、ハーキマー水晶は晶洞の中でひっそりと光っている物だろうという偏見のもと、UC-1番ブースの12000円の標本を選んだ。
f0096505_2140138.jpg

水晶の大きさはおよそ1㎝程度。
母岩の重量は500gくらいの物。
ちょっと高めと思わないでもないが、まあ許容範囲内だろう。

そんなわけで、今日の収穫は二点。
明日は特別展でも見てこようかな。
[PR]
by clhaclha | 2008-06-06 21:49 |