カテゴリ:自然科学( 6 )

2006年度ノーベル賞

今年のノーベル賞の受賞者が出そろった。
といっても、実際に出そろっていたのは半月以上前で、文学賞の発表を見逃していたためにまだかまだかと待っていて、記事がこの時期までずれ込んでしまったのである。
文学賞で村上春樹受賞の期待が高まっていて随分と楽しみにしていたのだが、結果の方はご存じの通り、残念でした、ということに。

今年の受賞一覧は次の通り。

○物理学賞
 ジョン・マザー、ジョージ・スムート
 『宇宙マイクロ波背景放射の黒体放射との一致と非等方性の発見』
○化学賞
 ロジャー・コーンバーグ
 『真核生物における遺伝情報の転写の研究に対する貢献』
○医学・生理学賞
 アンドルー・ファイアー、クレイグ・メロー
 『RNA干渉の発見』
○平和賞
 グラミン銀行、ムハマド・ユヌス
 『貧困層を対象とした少額無担保融資など社会・経済の草の根活動』
○文学賞
 オルハン・パムク
 『故郷の町のメランコリックな魂の追求において、文化間の衝突および融合の新たなシンボルを発見したこと』
○経済学賞
 エドムンド・フェルプス
 『インフレと失業率の見通しに左右される賃金と物価のトレンドに関する研究』

物理学賞は小柴教授のことが頭にあったので、最近は実験実証的な受賞が多いのかと思って調べてみたら、小柴教授以来ずっと理論に関する受賞だった。
今年の受賞内容は、早い話がCOBE打ち上げの貢献である。
テーマ的には旬を逃しているような感じだが、ノーベル賞とはえてしてそういったものだ。
データや理論の正しさを検討する期間が必要なので、これに関しては数年のタイムラグは仕方あるまい。
化学賞と医学・生理学賞は分野的にあまり違いがないのではないかと、素人としては考えてしまう。
説明を読んでみて、何となく分かったような感じ。
文学賞は、作品を読んでいないので受賞理由を聞いても「へぇ」としか答えようがない。
まあ、村上春樹が受賞したとしても、彼の作品は読んだことがないので、同じく「へぇ」で終わってしまいそうだが。
でも代表作くらいは読む気になるかな。
海辺のカフカとか、ノルウェイの森とか。
平和賞と経済学賞に関しては、全然分からないのでコメントはパス。

2002年の物理学賞・化学賞のダブル受賞以来、今年も日本人受賞者は出ず。
2000年から三年連続で受賞していただけに、これだけ受賞者が出ないと思わず失望を禁じ得ない。
もっとも、それまでの経過を考えると、連続受賞の三年間が史上初の大快挙だったわけだが。
今年の科学分野の三賞はアメリカのほぼ独占状態。
日本にここまでの期待はしないが、それでも隔年受賞くらいは狙ってもらいたいものである。
まあ、教育・研究費削減とか言ってるようでは、それも無理かもしれないが。
[PR]
by clhaclha | 2006-10-29 20:59 | 自然科学

2006年度イグ・ノーベル賞

ご存知の方も多いと思うが、「人々を笑わせ、考えさせる独創的な研究」に対して贈られるのがイグ・ノーベル賞。
早い話が、ノーベル賞のパロディーである。
過去には日本の研究者の「鳩の糞害を受けない銅像」についての研究が選ばれたが、それに対してその研究者が「これはまじめな研究だ」と大いに憤慨したという出来事もあった。
まあ、過去に受賞した内容を見ると、確かにそれと同列に扱うのはどうなのか、と思わざるを得ないものも多くある。

さて、そんなイグ・ノーベル賞であるが、この度、今年度の受賞内容が発表された。
各賞と研究内容は以下の通り。

・鳥類学賞:「頭を振り続けるキツツキはなぜ頭痛に見舞われないのか」
・栄養学賞:「フンコロガシの食嗜好についての研究」
・平和賞:高周波雑音発生装置「モスキート」の発明
・音響学賞:「爪で黒板をひっかいた時に発生する音が嫌われる理由についての実験」
・数学賞:「グループ写真を撮る際、目を閉じた人が1人もいない写真を撮るためには、何枚撮影する必要があるか」
・文学賞:「必要性に関係なく用いられる学問的専門用語がもたらす影響について──不必要に長い単語の使用における問題」
・医学賞:「直腸刺激による、しつこく続くしゃっくりの停止」
・物理学賞:「乾燥スパゲティを曲げると、しばしば2つ以上の部分に折れてしまうのはなぜか」
・化学賞:「温度影響を受けるチェダーチーズの超音波速度」
・生物学賞:「マラリア媒介蚊のメスが、リンブルガー・チーズと人間の足のにおいを好むこと」

確かに随分と独創的な研究や発明が揃っているが、しかし、内容を考えてみると、確かに気になるものではある。
個人的には鳥類学賞と音響学賞が気になるところだ。
また、イグ・ノーベル賞には皮肉(アメリカ的なアイロニー)を交えたものもあって、広島・長崎原爆投下五十周年に核実験を行ったフランス大統領が平和賞に選ばれたこともあった。
今回は文学賞がそれで、論文のタイトルに「不必要に長い学問的専門用語」が使われているらしい。
ちなみに日本は受賞常連国らしいのだが、今回は受賞者はなし。
今年は随分とまともそうな研究が並んだな、というのが個人的な感想。

参考記事:http://www.cnn.co.jp/science/CNN200610060022.html
[PR]
by clhaclha | 2006-10-06 23:43 | 自然科学

続・冥王星

先日来、冥王星関係のニュースが紙面を賑わせている。
科学関係でここまで話題が大きくなっているのは、小柴教授と田中氏のノーベル賞受賞以来ではないだろうか。
今日のニューストピックスには、博物館などに冥王星関係の問い合わせが殺到しているという記事があった。
冥王星はどうなるのかとか、中には冥王星が消えてなくなってしまったと勘違いしている子供もいるらしい。
東京都江東区の日本科学未来館には、実に昨年の二倍の入館者が訪れたとのこと。
夏休みという時期も相俟って、子供達の好奇心を大いにくすぐっているようだ。

理系離れが深刻化しているとはいうものの、原因は周囲の大人にあって子供は本来的に科学に対する興味を持ち合わせているのである。
それを伸ばすか潰すか(今の日本はほとんど潰しているようだが)は、周囲の大人の心掛け次第ということだろう。
まあここで教育論を語るつもりはないので、このくらいでやめておくが、今回の冥王星騒動で少しでも自然に興味を向けてくれる子供が増えてくれることは期待したい。
それを期待させるという意味で、今回の件は意義があったのだと思う。
[PR]
by clhaclha | 2006-08-28 22:27 | 自然科学

冥王星

惑星が三つ増えて合計十二個、とか言っていたのが一転、冥王星の惑星の座転落によって、太陽系の惑星は水金地火木土天海の計八個になった。
チェコのプラハで開催された国際天文学連合(IAU)での決議である。

さて、今回のこのニュースで一番驚いたのは、今まで惑星の定義が成されてなかった点である。
考えてみれば、惑星の定義など学校で習った覚えはない。
水金地火木土天海冥の九つが惑星で、その他に小惑星や彗星があって、これらと太陽を併せて太陽系と呼ぶ、というような教えられ方だったように思う。
そもそも天文学者は、惑星というものがこの先も古典的な八つの惑星のように分かりやすい形で発見されると思っていたのだろうか。
冥王星クラスの小天体が多数見つかり始めたのは科学技術の進歩の結果であるが、今回の冥王星に関する惑星定義の議論は、天文学の進歩の結果ではなく、必要に迫られてのことである。
仮に冥王星クラスの小天体がずっと外側のカイパーベルトに存在したとすれば、それが発見されるまでの何年あるいは何十年か、天文学会が自発的に惑星の定義について議論することはなかっただろうと思う。
科学技術が進歩して様々な観測が行えるようになり、SETIだとか、系外惑星探査だとか、そういう目新しい領域の研究は大いに結構なことなのだが、「惑星の定義」のように基本的な部分が「なんとなく」では、天文学そのものにどれほどの説得力があるのか、再考せずにはいられまい。

まあそれはともかく、今回の決定に関して個人的には評価をしたい。
何十年も惑星として扱われてきた冥王星だが、やはり明確な定義付けをして、それに当てはまらないのであれば、科学の立場からそれは認めてはならない。
私自身も感情的には冥王星は惑星であり続けてほしいという気持ちはある。
それでも今回のIAUの決定は、そういった意見が少なからずあるということを知った上での英断であると評したい。

何十年後になるかは分からないが、そのうち水星クラスの天体がカイパーベルト内に発見されるのではないかと思う。
もしそうなった時、その時のIAUはどのような判断をするのだろうか。
その時が来るのかどうかは分からないが、ちょっと楽しみにしている。
[PR]
by clhaclha | 2006-08-25 23:44 | 自然科学

世界の巨大恐竜博2006

幕張で開催中の『世界の巨大恐竜博2006』を見に行ってきた。
といっても、実際に行ったのは一週間以上前の七月二八日(金)で、百枚以上撮り貯めた写真の整理がようやく終わったので、ブログにアップできる次第となった。

さて、会期は七月十五日から九月十日までなので、まだまだ始まったばかり。
友人と一緒に行ったのだが、前半に行くべきか、後半に行くべきか、夏休みということも考慮に入れて検討した結果、開幕後一~二週間くらいがベストとの結論となった。
盆はさすがに混むだろうということで即却下、期末は駆け込みが増えるとの判断。
もっとも、この手の博覧会はたいていが期日延長となるので、それを見越して夏休み明けという手もあったのだが、確実性を欠くということでそれも却下。
そんな理由でこの時期の平日に行くこととあいなったわけである。

会場はいつもの幕張メッセで、昨年までの同様の博覧会と同じ形式。
去年だか一昨年だかは時期が悪くて二時間待ちという経験もしたのだが、今年は驚くほど空いていた。
待ち時間無し、会場内もかなり広々。
休みを取ってわざわざこの時期を選んだ甲斐があるというものだ。

今年の目玉は、ポスターなどで散々宣伝されているスーパーサウルス。
復元すると全長33mになるという巨大恐竜だ。
f0096505_14301639.jpg

ちなみに昨年の目玉だったセイスモサウルスも、同じく33m。
これより大型とされる恐竜はアルゼンティノサウルス(推定35m)のみ。
ということは、来年の主賓はアルゼンティノサウルスか、などと邪推してみたり。
まあ、ここまでくると体長が2mくらい違ったところで分かりはしないのだが。

今年の恐竜博のテーマは、どうして竜脚類は大型化したか。
当時の自然環境や生態系などと考え合わせて、竜脚類の進化を追ってゆく。
原始的な竜脚類であるアンテトニトルスから、スーパーサウルスが出現するまで、どのような種が生まれ消えていったのかを化石展示で紹介する。
下は竜脚類とは別系統と解釈される古竜脚類のルーフェンゴサウルス。
f0096505_14505847.jpg

二足歩行も可能だったと考えられており、竜脚類に進化しきれていない特徴を持っている。

その他、やたらと首の長いマメンキサウルスなど。
f0096505_14591153.jpg

全長のの半分以上を首が占めるという。

竜脚類が何体展示されていたのか数えてはいないが、二十は越えているように思う。
よくぞこれだけという感じだが、それぞれ説明を読んでいると、色々と独自の特徴を持っていてなかなかに面白い。
特に、大きなものはインパクトも凄いので、集客効果は期待できそうである。

さて、一般客は巨大恐竜に目を奪われがちだったが、個人的に興味を持ったのが羽毛恐竜と肉食恐竜の復元図。
羽毛恐竜に関しては、何年か前から実物の化石が展示されていて、中にはくっきりと羽毛の印象が残っているものもあって、いたく感動したものである。
今回展示されていたものではイシャノサウルス。
f0096505_15151020.jpg

写真では少々分かりづらいが、羽毛の痕跡が認められる。
また、復元図に関して、獣脚類の多くの種に羽毛が描かれていたのも印象に残った。
恐竜観もここ数年で随分と変遷しているようである。

最後に、気になった部分。
分類表示で、例えば『竜盤類 竜脚類 ディプロドクス科 スーパーサウルス』というような表示となっているのだが、生物の分類で『類』というカテゴリーはない。
おそらく『竜盤目 竜脚亜目』あたりだと思うのだが、正確なところは分からない。
一緒に行っていた友人に指摘されて気付いたのだが、こういったところは正確な表示を心掛けてもらいたいものである。


さて、総括としてだが、今年もなかなか楽しめた。
新しい学説が毎年出てくるので、同じような展示内容であっても、毎回新しい発見があるのが面白い。
冒頭に書いたように次回はアルゼンティノサウルスかと邪推しているのだが、そろそろ趣向を変えて首長竜やモササウルスなどの海棲生物にスポットを当てても面白いのではないかと思う。
海棲爬虫類も10m超のものが多くいるので、インパクトという点ではそれなりのものであるはずだ。
そろそろ別のものを見たいという欲求が膨らんできている。
次回の内容に期待したい。
[PR]
by clhaclha | 2006-08-06 15:34 | 自然科学

疑似科学

本日分ニュース記事の「ニセ科学シンポジウム」を読んで、久々に「へぇ」と思ってしまった。
シンポジウムの内容にではなく、日本物理学会がこういった試みを行っているということに。
しかも会長の佐藤氏自らの提案だということで、またまた「へぇ」。
さすがに世界的に著名な科学者ともなると、視野が広いと感服することしきりである。
こんな提案、地質学会には望めないだろうなぁ……。

なかなか面白そうなので、暇と金さえあれば是非とも聴講したいのだけれど、残念ながらそのどちらも持ち合わせていない自分を嘆くばかり。
まあ、ビデオ配信をという声も大きいようなので、いずれ配信されることを期待することにしよう。

そこからのリンクでとんだ先にあった大阪大学の菊池氏のページが結構面白かった。
疑似科学(本人は「ニセ科学」という表現を推奨)に対する議論をブログで行っていて、これがなかなか興味深い。
しかも氏がSFファンということもあり、その方面への言及などもある。
いいサイトを見付けたな、ということでお気に入り登録。
興味のある方は是非どうぞ → http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/index-j.html
しかし去年開講されていた「サイエンス・フィクション:科学と物語の間」という講義、面白そうだなぁ……。
これは聴講したかったなぁ……。
「広い宇宙に地球人しか見当らない50の理由」はトンデモ本ですか?
[PR]
by clhaclha | 2006-03-30 11:17 | 自然科学