池袋鉱物化石市場 in 東武

毎年恒例でこの時期に開かれている展示会で、プラニー商会が主催のもの。
デパートの催事場ということで、昨年は触られても問題なさそうな物ばかりが並んでおり、正直な話、今年も大して期待はしていなかった。
期待していなかっただけあって、頭の中からすっぽり抜け落ちており、会社の人に教えてもらうまですっかり忘れていたという始末。
まあ、思いだしたので行ってみるか、ということで本日足を運ぶ次第となった。

さて、会場は前回と同じく池袋東武百貨店10階催事場。
そのうち半分を模型展が使っているのも前回通り。
ただ今回はラジコンが無かったので、すこぶる静かで快適だった。
出展企業は前回のものをあまり覚えてないのだが、おそらく同じような感じだろう。
概ね似たような配置である。
が、しかし。
標本の質が随分グレードアップしているな、というのが最初の感想である。
昨年の展示品は前述したように、触られても問題なさそうなものばかりで、かなり肩すかしを食らった感があったものだ。

展示品は水晶から始まり、黄鉄鉱、ラピスラズリ、アクアマリンなど、知名度の高いものが主体。
化石も多く、三葉虫、アンモナイト、サメの歯などのメジャーどころが並んでいる。
大半は低価格品だが、中には数万~数十万するものも。
トリケラトプスの角は120万くらいの数字が添えてあって、やはり本物なのかな……、と暫く眺めてみたり。

暫くうろうろしてみたが、目に付いたのはやはり水晶である。
プラニー商会のブースにあった、水晶と方解石が共生している小振りな標本がなかなか。
母岩は赤鉄鉱なのか、黒い金属質のもので、透明な水晶の輝きに絶妙のコントラストを与えている。
値段を見ると2625円。
暫く迷ったが、結局買うことに。
f0096505_213664.jpg

アゼルバイジャン産らしい。
以前から水晶は欲しかったので、まあ、良い買い物かな。

その他にも、会社に持っていって飾るための水晶と、砂漠のバラを購入。
会社に持っていくと色々と触られるので、とりあえず丈夫そうで安いものを見繕う。
机の上に並ぶ石は、これで5個目だ。
[PR]
by clhaclha | 2007-08-02 21:39 |
<< 第21回東京国際ミネラルフェア 2007東京国際ミネラルフェア... >>