第二回MFA展

有楽町のMFA展開催まであと一週間となったので、恒例となった今回のターゲットを。
ちなみに今回の会期は4月13日(金)~15日(日)の三日間。
前回は展示場を借り切っての開催だったのだが、今回はホールを借りての開催ということで、入場無料となるらしい。
国際フォーラムのホールは通路としても利用される場所なので、一般の通行人に対してのアピールができるというメリットがある反面、石についての素人が大量にやってくるわけで、標本を不用意に触って壊しはしないかという危惧もある。
まあ、それについては運営側が考えるべき事柄ではあるが。

さて、今回のターゲットである。
①箒状あるいは棒状の輝安鉱
②母岩付きのハーキマー水晶
③美味しそうなぶどう石

昨年からずっと欲しいと言い続けていた十字石が前回の池袋ショーで手に入ったので、今回はようやくこれを除外。
ただし、三連貫入のものは引き続き捜索中である。
上記三点はいずれもよく目にするものではあるが、納得のいく良品となると、なかなかお目に掛かれないし、当然、値段もそれなりになる。
まあ、今回はちょっと多めに予算を取ってあるので、今まで見て欲しかったものは概ね大丈夫かな、と。
あとは現地でいろいろ見て、欲しいものがあれは購入という方針でいこうかと思っている。
すっかり馴染みになってしまった某業者が、この冬の間にアフリカに買い付けに行くと言っていたので、そちらの入荷品が楽しみだ。
オレンジリバーの赤水晶などがあれば購入を考えたい。
尤も、いつもターゲットよりもその場で欲しいものを衝動的に買ってしまうもの方が多いので、あまりあてにはならないかも。
結局のところ「獲物を定めずに」という、いつぞやの某石業者の言葉が、真理を衝いているのかもしれない。
[PR]
by clhaclha | 2007-04-07 01:01 |
<< 第二回MFA展(石探横町2007春) 『晴れときどき、サバンナ 私の... >>