ホランド鉱

今年六月の新宿ショーで怪しさに惹かれて購入したものの、名前が分からずにどうしようかと思っていた標本の正体が判明した。
新宿ショー三回目 ←こちら参照。
形はまさに鍾乳石といった感じなのだが、色と質感から明らかに石灰岩ではないと分かるもの。
売っているドイツ人に聞いたところでは、マンガンの鉱物で、モロッコ産とのことであったのだが。
この標本、鉱物名はホランダイト(hollandite)、通称ホランド鉱。
マンガンとバリウムの鉱物で、組成式はBaMn8O16
原産地はインドだが、市場に流通している標本はほとんどがモロッコ産である。
見た目が面白くて購入したもので、かなりのお気に入り。
ようやく正体が判明したので、「石の囁き大地の息吹き」にネタとして提供できるというもの。
というわけで、次回はホランダイトです。


話変わって、十二月の池袋ショーのこと。
ようやく日程が発表になった。
期間は十二月十五~十八日の四日間。
今年から入場料は通しで800円に。
これで毎日参加は確定だ。
目的は当然、十字石。
一年間探し続けた標本なので、少々無理をしてでも手に入れたい一品。
参加業者一覧ではロシアからの出展は四件。
この中に去年の業者が含まれているのを祈るばかりである。

というわけで、週明けにも早速、有休の申請をせねば。
[PR]
by clhaclha | 2006-11-04 00:54 |
<< ジュンク堂 秋の読書くじ 芋汁 >>